深夜特急に憧れて〜世界旅〜

色々と充実していない理系大学生の海外一人旅の記録

深夜特急の出発点!香港・マカオ一人旅 その3

ここからは、旅の4日目にまわったマカオについてです。

 

f:id:BiS:20180207193911p:plain

マカオは中国の特別行政区ですが、もともとポルトガルの植民地であったことから、ヨーロッパ風の建物や教会なども多く、香港とはまた違った雰囲気があります。

 いざマカオへ!

マカオに行くにはフェーリーに乗る必要があります。フェリーは香港島九龍半島のどちらからも乗ることができますが、今回は九龍半島のチャイナフェリーターミナルから乗船しました。

www.turbojet.com.hk

ちなみに、今回利用したのはturbojetという会社のフェリーです。

f:id:BiS:20180207195150j:plain

こんなかんじ!

ズームしすぎで分かりづらい笑

 

フェリーに乗る前には出国審査が必要なのですが、パスポートを出すよりも前に何故か別室に連れて行かれ、荷物検査をさせられました。

 

自分では自覚なかったけど、そんな怪しい顔してるのか…

 

結局怪しいものを持ってるわけもなく、フェリーにもギリギリ乗れました。

マカオを歩く

マカオのフェリーターミナルからは、ホテルまでの無料バスを使って市内まで行きます。僕は間違えてカジノ行きのバスに乗ったので、到着してからパスポートを見せて裏口から通してもらったり、結構面倒くさかったです (カジノは21歳以上から)。

 

そのカジノこそがグランドリスボのカジノ

 

リスボのカジノといえば、深夜特急の著者沢木耕太郎がサイコロ博奕にはまったカジノ!間違えて乗ったバスだけど、運良く聖地巡礼(笑)

f:id:BiS:20180207225030j:plain

f:id:BiS:20180207234038j:plain

ホテルリスボからはセナド広場まで歩いて行きます。

f:id:BiS:20180207230217j:plain

ヨーロッパな雰囲気!

マカオにはポルトガル統治時代の面影が色々なところに残っています。

f:id:BiS:20180207231953j:plain

こんな街並みにも

f:id:BiS:20180207231925j:plain

こんな坂にも

 

また、マカオにはさっきのセナド広場も含めて、たくさんの世界遺産があります。その数なんと30!セナド広場から道が繋がっている場所が多いから、拠点にするといいかも!

f:id:BiS:20180207233222j:plain

聖ポール天主堂跡

f:id:BiS:20180207233908j:plain

 聖ドミニコ教会

 

マカオ市内から帰りのフェーリ乗り場までは市内を走っているバスを使うのがおすすめです。BiSは最初、『マカオは狭いし歩けるだろ』と思って徒歩で向かおうとしましたが、真夏ということもあり、軽く死にかけました笑

世界遺産をまわるだけでも結構歩くと思うので、帰りの交通手段は調べておいた方が良いと思います。

 

 

さあ、これで香港・マカオ編は終わりです。

 

マカオの雰囲気を一言で表すと、ヨーロッパとアジアを合体させて、そこにカジノを建てた感じです笑

 

一緒にならなそうなものが一緒に存在しているのに、あまり違和感がない

 

マカオは不思議な街です。

 

 

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました(^ ^)

 

★僕の旅の原点となった深夜特急という小説。この本を読み、多くの人が仕事を辞めて旅に出たと言われるほど。僕の人生観を変えてくれた本、是非読んで見てください。

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

 

今回旅をした香港・マカオ深夜特急1巻に書かれています。