深夜特急に憧れて〜世界旅〜

色々と充実していない理系大学生の海外一人旅の記録

ガンジス河で沐浴! インド一人旅 その8

 インド一人旅その7を読んでいない方はこちら

bis.hatenadiary.jp

 

 

インド一人旅その8ではガンジス川で沐浴した話について書いていきます。

 

 

ガンジス河といえば、生活排水から下水、工場排水、死体などいろんなものが垂れ流しにされ、大腸菌レベルはインド政府の基準の100倍を超えるレベル!

 

インドへ行く前、親とガンジス川には入らないと約束したBIS。沐浴なんてするつもりは全くなかったのですが…

 

本を読んでいたらこんな一文を見つけてしまいました

 

ここで沐浴しなければ、来たかいがない……?

ただ人の沐浴風景を見ているのと、一度でもガンガーの水に抱かれるのとでは大きな違い。水は濁って見えるが、ガンガーは聖なる河。ヒヤッとして気持ちがいい。

引用元 地球の歩き方 インド

 

沐浴しないと来たかいがないって…

 

そこまで言われたら、やらずに帰るわけにはいかないだろっ!

 

ってことで

 

 結局沐浴しちゃいます

 

早朝からガートへ

沐浴当日は朝日に合わせて早起きです。

  

とりえず、一番大きなダシャシュワメードガートに行ってはみたものの、船が多すぎて入れない…

 

f:id:BiS:20180529101706j:plain

 ↑

こんなかんじ

 

ということで、ちょっと移動して

f:id:BiS:20180527182212j:plain

 

ここのガートで沐浴することに。

 

ちなみに撮影は、宿で出会ったお姉さまたちとおじさま?(笑)がしてくれました!

 

f:id:BiS:20180527182353p:plain

 ↑真ん中のちっちゃいのが僕です

 

 入ってみた感想、フツーに気持ち良かった!

 

川底はちょっとぬめっとしていますが、水は思っていたほど濁ってもいなく、ちょっとヒヤッとして気持ちがよかったです。

 

水の中にどんな菌がいようとも、目には見えないので、入っている間はあんまり関係ないです(笑)

 

河から上がった後は、バラモンの方が頭に赤い印(浄めと祝福の印らしいです)をつけてくれました。

f:id:BiS:20180529162944j:plain

f:id:BiS:20180529165341j:plain

 

一緒に来てくれたメンバー

 

体調を崩すとしたら、川に入った3.4日後という噂を聞いたので、念のため薬も購入!

f:id:BiS:20180529172051j:plain

 

こんな感じで僕の初めての沐浴体験は終わりです。

 

 

最後にちょっと余談で、沐浴した日の夜カフェで会ったインド人に聞いた話を、、

 

そのインド人が言うに、インドに来て沐浴した多くの人が体調を崩すが、毎日のように沐浴をしているヒンドゥー教の信者は体調を崩さない。この違いはただ一つ

 

「ガンジス河を聖なる河だと思って沐浴するか、汚い河だと思って沐浴するか」

 

 観光客はガンジス河を汚い河だと思って沐浴するから、入った後にシャワーを浴びる。だから罰が当たって体調を崩す。聖なる河だと思って沐浴をする人は、入るだけで体が浄められていると考える。

 

だから、体調を崩したくないなら、沐浴した後にシャワーを浴びるべきではないと、

 

 

科学的にはおかしいけど、聖地バラナシなら本当にありえそうじゃないですか?(笑)

 

 

では、インド一人旅その7はここまでです。

 

お付き合いいただき、ありがとうございました(^ ^) 

 

その9はこちら

エネルギーに溢れる国!インド一人旅 その9 バラナシ編 仏教の聖地サールナートへ! - 深夜特急に憧れて〜世界旅〜

 

 

★僕の旅の原点となった深夜特急という小説。この本を読み、多くの人が仕事を辞めて旅に出たと言われるほど。僕の人生観を変えてくれた本、是非読んでみてください。

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

 

今回旅をしたインドは深夜特急3巻に書かれています。

深夜特急〈3〉インド・ネパール (新潮文庫)

深夜特急〈3〉インド・ネパール (新潮文庫)