深夜特急に憧れて〜世界旅〜

色々と充実していない理系大学生の海外一人旅の記録

エネルギーに溢れる国!インド一人旅 その5 とうとうインド初の寝台列車に!

インド一人旅その4をまだ読んでいない方はこちら

bis.hatenadiary.jp

 

 

インド一人旅その5はデリー5日目、バラナシへの移動の日についてです。

 

電車までの待ち時間編

バラナシ行きへの列車はニューデリー22時35分発。

 

この日は若干風邪気味であまり動きたくないのに、ホテルは11時チェックアウトでいる場所がないという最悪の日でした笑

 

とりあえず時間が潰せそうなコンノートプレイスへ!

 

怪しい感じのお兄ちゃんに案内してもらったカフェで時間を潰します。

f:id:BiS:20180402220842j:plain

めちゃくちゃ汚いコップで出てきたけど、美味しかった!

 

こんな感じでコンノートプレイスのカフェをはしごしたのですが、さすがに1日は潰せない。

 

ってことで、コンノートプレイスからちょっと離れたところにある、階段井戸を見にいくことにしました。

 

f:id:BiS:20180402222318j:plain

階段井戸の名前はアグラセン・キ・バーオリー

 

正直入場料が無料というのにつられてきただけなのですが…

 

 居心地めちゃくちゃいい

 

ここだけデリーの喧騒を忘れさせてくれるようなゆったりとした時間が流れています。

 

f:id:BiS:20180402224352j:plain

f:id:BiS:20180402224403j:plain

↑階段井戸の最深部

 

あまりに居心地が良かったので、結局18時までここでひたすら本を読んでいました。

 

 

※余談なのですが、今回の旅中に読む本としてもともとは深夜特急を持っていくつもりだったのですが、深夜特急は内容の割に場所をくうため、荷物を少なくしたいBISにとってはちょっと邪魔になってしまう。

 

では 旅に持っていく本として何がいいのかと色々考えた結果が秘書検定クイックマスター2級

 

検定本です

 

検定本の良いところは1冊を何回読み直してもきりがないということ。また普段だったら絶対途中でやめちゃうのに、旅中の待ち時間に暇すぎて読んでしまうといったところです。旅のお供の本、悩んでいる方は参考にしてみてください。

 

本題にもどります。

 

 

18時でアグラセン・キ・バーオリーは閉まってしまうので、一度メインバザールに戻ります。

f:id:BiS:20180403013950j:plain

f:id:BiS:20180403014240j:plain

f:id:BiS:20180403014321j:plain

f:id:BiS:20180403014342j:plain

f:id:BiS:20180403014421j:plain

メインバザールに戻る途中にて

 

 一度宿に戻り、おすすめしてもらったのがこのWOW CAFEサンタナの路地から出てすぐのところにあります。

f:id:BiS:20180403014658j:plain

ここのカフェではティーをティーポット単位で頼める上、値段も全体的に安く、長居させてもらいました。

 

WOW CAFEおすすめです!

 

インドに来てから2回目のチップを払ってそろそろニューデリーに移動します。

 

列車でバラナシへ 

ニューデリーには列車の出る10分前くらいに到着したのですが、 なぜか電光掲示板には表示がない。

 

どうやら日本と違って、列車が到着すると電光掲示板の表示が消えるみたいです。それを知らなかったBISは悠々とホームにいたのですが、何と無く聞いてみたインド人によると、もう出発するとのこと。

 

結局ものすごく焦って手当たり次第インド人に声をかけ、なんとか列車に滑り込みました。

 

インドの列車なのに時間通りにこられると逆に焦らされます笑

f:id:BiS:20180403020939j:plain

今回乗ったのは寝台列車の2Aの席です。

f:id:BiS:20180403021138j:plain

二段ベットの下だったので快適でした。上の段は段がない上に狭いらしく、朝起きて少ししたら上のインド人が降りて来て勝手に座っていました。

f:id:BiS:20180403021631j:plain

そのインド人がくれた朝ごはん。

 

奥さんが作ってくれたベジタリアンフードらしいです。

 

おいしかった!

f:id:BiS:20180403021808j:plain

 ラッシーと英字新聞も買って来てくれました。

 

せっかく買って来てくれたので読んでいるふりはしていたけど、何が書いてあるか全然わからなかった笑

 

新聞を読んでいる間に列車は川を越え

f:id:BiS:20180403022027j:plain

f:id:BiS:20180403022135j:plain

f:id:BiS:20180403022145j:plain

 無事バラナシに到着です!

 

次回はヒンドゥー教の聖地バラナシについて書いていきます。

 

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました(^ ^) 

 

その6はこちら

エネルギーに溢れる国!インド一人旅 その6 バラナシ編 ガンジス川へ - 深夜特急に憧れて〜世界旅〜

 

 

★僕の旅の原点となった深夜特急という小説。この本を読み、多くの人が仕事を辞めて旅に出たと言われるほど。僕の人生観を変えてくれた本、是非読んでみてください。

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

 

今回旅をしたインドは深夜特急3巻に書かれています。

深夜特急〈3〉インド・ネパール (新潮文庫)

深夜特急〈3〉インド・ネパール (新潮文庫)