深夜特急に憧れて〜世界旅〜

色々と充実していない理系大学生の海外一人旅の記録

ドミトリーはいろんな人に会える インド一人旅 その2 

インド一人旅その1をまだ読んでない方はこちら

bis.hatenadiary.jp

 

 

インド一人旅その2では旅のスタートの都市デリーについて書いて行きます。

 

今回利用した航空会社はなんとJAL

 

いつもお世話になっているSkyscannerで調べたところ、往復で取るとJALが最安値で出てきました。

 

バックパックをもって乗るような飛行機じゃないですよね笑

f:id:BiS:20180309004628j:plain

今回は成田空港発です。

 

また、今回の旅は列車で移動ということもあり、無事降りれる自信がなかったというのもあり、空港でWi-Fiを借りて行きました。  

 

現地でsimカードを購入している人も多かったので、simフリースマホを持っている方はそれも選択肢に入ると思います。

 

インド到着!

いきなりですが、インディラガンディー国際空港のイミグレです。

f:id:BiS:20180307092435j:plain

仏教系の何かのデザインぽい!

詳しくはわからないけど笑

 

インドのVISAを取るのは世界の中でもハードルが高いらしいです。

 

方法としては、日本のインド大使館での取得、インターネットでのe-visaの取得、到着空港でのイミグレでの取得など様々な方法がありますが、今回は値段が安く一番確実なインターネットでのe-visaを取得してから行きました。

 

https://indianvisaonline.gov.in/evisa/tvoa.html

インドのe-visaの申請ページ

 

正直めちゃくちゃ面倒くさい!

 

写真は正方形の背景白指定でファイルの大きさ制限もあります。また入力に失敗するとVISAが降りない上に25ドルは取られてしまいます。

 

さらに、普通にやっているつもりでもデータが途中で消えたりとサイトの調子も良くなく、出発前から十分にインド感を味わえました笑

 

しっかりとネットで調べてからやることをお勧めします。

f:id:BiS:20180307111719j:plain

ここで指紋をとったり写真を撮ったりするのですが、僕はなぜか指紋が全然取れず、結局1人で10分以上かかってしまいました。

「指紋がとれなくて入国できなかったなんて逆に面白いんじゃないか」とか考えつつもなんとか入国!

入国審査官の方、ご迷惑おかけしましたm(_ _)m

 

空港からホテルへ

調べれば調べるほど恐ろしいインディラガンディー国際空港!

 

タクシーに乗るとかなりの確率で旅行会社に連れて行かれ、高額のツアーを組まされるなどの噂も聞いていたため、今回はホテルまでの送迎をお願いしておきました。

 

後日ホテルが一緒だった人たちから、到着した日に6万ぼったくられたり、10万のツアーを組まされたなどの話を聞き、送迎をつけてよかったと本当に思いました。

 

送迎をお願いしたのはまたもやシゲタトラベル。

www.yokosoindia.com

ラジェンダさんの顔も見飽きました笑

 

f:id:BiS:20180307114508j:plain

送迎の車の中。

f:id:BiS:20180307114900j:plain

 途中で当たり前のようにガソリンスタンドに寄ります。

 

ガソリンくらい入れてから来い!

 

と思いましたが、これもインドなら許されちゃう笑

 

そんなこんなでかなりの時間がかかりましたが、無事に宿まで着きました。

f:id:BiS:20180307122321j:plain

 正確にはここら辺で降ろされて、宿まで案内してもらったが正しいです笑

 

今回泊まった宿はサンタナデリーです。

サンタナデリー インド・デリーのゲストハウス/日本人宿 – インドサンタナ

 

デリーの他にもプリー、バラナシ、コルカタなどにも支店を持つ日本人宿で、デリーは新しい場所に移転してきたばかりだったため、とても綺麗でした。

 

でも場所は分かりにくく、メインバザールにちっちゃくかかっているサンタナの看板を見つけて奥に行くと

(後日撮影)

f:id:BiS:20180307125729j:plain

こんな感じの路地があり、さらに進むと

f:id:BiS:20180307125848j:plain

サンタナの看板が見えてきます。ここを曲がればサンタナが見えてきます。

f:id:BiS:20180307124742j:plain

朝食付きで、ドミトリー一泊450ルピー(約750円)。

 

余談ですが、この先いろいろな国に行くことも考え、宿で使う用の変換プラグを買うことにしました。せっかくなので、バックパッカーの方々の中で定番のサスケを購入しました。

カシムラ 海外用変換プラグ サスケ/ブルー NTI-13

カシムラ 海外用変換プラグ サスケ/ブルー NTI-13

 

なんとアフリカ以外のほぼ全ての地域に対応しているらしいです。

 

もちろんサンタナでもサスケを使って充電できました。

f:id:BiS:20180307130611j:plain

 

サンタナデリーには共有スペースがあるのですが、楽しくて朝の4時まで話していました。

旅をすると普段であれば会うことのできないような個性的な考え方を持っている人と会うことができ、本当に刺激的でした。 

初日から夜更かしです笑

 

 

こんな感じでインド1日目は終わりです。

 

 

ここまでお付き合いありがとうございました(^ ^)

 

その3はこちら 

エネルギーに溢れる国!インド一人旅 その3 オールドデリーのものすごいカオス感 - 深夜特急に憧れて〜世界旅〜

 

★僕の旅の原点となった深夜特急という小説。この本を読み、多くの人が仕事を辞めて旅に出たと言われるほど。僕の人生観を変えてくれた本、是非読んで見てください。

深夜特急〈3〉インド・ネパール (新潮文庫)

深夜特急〈3〉インド・ネパール (新潮文庫)

 

今回旅をしたインドは深夜特急3巻に書かれています。