深夜特急に憧れて〜世界旅〜

色々と充実していない理系大学生の海外一人旅の記録

深夜特急の出発点!香港・マカオ一人旅 その1

中学の課題図書で深夜特急を読んでから4年…

 

やっと海外ひとり旅に!

長かった笑

 

まず行く国を決めよう!となり

ずっと夢見てたインドに行こうと思ったが、家族に強い反対をくらい、諦める。

その後いろいろと悩んだ結果、深夜特急の旅のスタートでもあり、著者沢木耕太郎が思わず長居してしまったという、香港・マカオに行くことになりました。

 

今回は2017年9月に行った香港マカオについてです。

 いざ香港へ!

f:id:BiS:20180206163504j:plain

 

今回使った飛行機は香港expressで、往復で23000円くらいでした。安い!

 

f:id:BiS:20180206164307j:plain

 

ここで飛行機からの写真を一枚。

地上は曇りだったけど、雲の上まで来るとこんなに綺麗なんだな〜

 

空港に着いてからは尖沙咀までバスで移動。

 

そして、かの悪名高い重慶大厦に到着

f:id:BiS:20180206172835j:plain

うーん、想像以上に綺麗。

勝手なイメージですごい汚いビルだと思っていたので、ちょっと拍子抜けしました。

 

でも中に入ってみると

f:id:BiS:20180206173517j:plain

f:id:BiS:20180206173347j:plain

こんな感じ。

綺麗なのは外見だけでした笑

宿

僕が今回泊まったのはAppleHostel という宿です。

f:id:BiS:20180206174223j:plain

入り口を入って進むと

f:id:BiS:20180206174314j:plain

エレベーターが現れ、これで10Fまで上がると

f:id:BiS:20180206174750j:plain

到着です。

f:id:BiS:20180206175854j:plain

f:id:BiS:20180206180136j:plain

↑ 部屋の写真

 

AppleHostel のオーナーさんは日本語も堪能で、とても親切な方でした。

部屋はトイレシャワー共用で250HKD

 

高い!

 

どうやら香港の宿は高いことで有名らしいです。これでも香港の宿の中では高くはないみたい。

 

部屋自体は割と綺麗だったのですが、エアコンがまあうるさい笑

夜中エアコンの付いたり消えたりする音で目が覚め、うるさいので電源を切ると今度は暑さで目が覚めの繰り返しでした。

 

オーナーさんはいい人だったけど、快適とは言えないかな〜

ちょっと寝不足のまま次の日から香港をまわります。 

 

 

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました(^ ^)

 

★僕の旅の原点となった深夜特急という小説。この本を読み、多くの人が仕事を辞めて旅に出たと言われるほど。僕の人生観を変えてくれた本、是非読んで見てください。

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

深夜特急〈1〉香港・マカオ (新潮文庫)

 

今回旅をした香港・マカオ深夜特急1巻に書かれています。